料理に沿えるクエン酸

料理に沿えるクエン酸

クエン酸を摂取するためとはいえ、酢を飲むのは厳しいですよね。
出来るだけクエン酸が上手に摂れる料理を研究して、毎日の献立に取り入れていくといいでしょう。

朝に口にしやすいのがフルーツを用いたジュースです。
キウイフルーツや桃、グレープフルーツ、イチゴなどといったフルーツを牛乳か水を加えてジュース作りをしましょう。
酸味が無理だという人は、甘味が強いフルーツも合わせて入れてみましょう。
ばたばたしてしまって朝食を食べることが困難な人も、フルーツジュースだけでも飲むようにしてみましょう。

それと、サラダにも使うようにするとよりいいでしょう。
酢が加えられたドレッシングはよくあるので、サラダを食べる場合にドレッシングをかけるだけでもクエン酸を取り入れることが可能です。
酢やクエン酸が豊富な食材を活かす方法もありますが、クエン酸の粉末を購入出来ます。
粉末も相当に酸味がありますが、クエン酸は熱を加えても成分に影響がないので、多くの料理に活かすことが出来ます。

煮込み料理を作る際に、酢を入れることで柔らかく仕上げることが出来るのは有名です。
粉末化したものを使用しても効果は異ならないため、積極的に役立てていきたいですね。
なお、漬物作りに取り組む場合にも粉末のクエン酸が役立ちます。
鮮明な色に引き立てる効果が出るので、仕上がりをワンランクアップするためにも用いてみてはいかがでしょうか。
酸味が得意でない人は少しの量からはじめて、だんだん多くしていくのが望ましいでしょう。