クエン酸で元気に

クエン酸で元気に

クエン酸は、夏バテを避けるために効果を発揮する成分です。
そのため、夏の季節に差し掛かると、酢の物や梅干しを食べた方がよいといった知恵を小耳に挟みます。

なぜ夏バテ回避にクエン酸が役立つのかというと、体に補給した栄養素をエネルギーに変化させるパワーがあるからです。
人が食事から取り込んだ糖質やタンパク質、脂肪などについては、その形のままではエネルギーとして活かされません。

エネルギーとして使うには、ビタミンB1などの作用が必須となってくるのですが、この循環が整然と行われるためにポイントになるのがクエン酸なのです。
体内のクエン酸が乏しいと、エネルギーを生み出そうとしても、きちんとエネルギーに変えることが難しくなってしまいます。

そのうえ、夏季には見過ごすことの出来ない働きがもう一つ挙げられます。
それは、汗の発する臭いを抑えるというありがたい効果です。
汗っかきの人は、夏場に外に出るのが嫌になってしまいますよね。
女性だとしても、自分の放つ汗のにおいが気掛かりになっている人がいるはずです。
そんなときは、酸味がきいたものをすすんで食べるようにしましょう。

クエン酸の活動の結果、代謝機能が高まるため、汗の発するにおいを少なくすることが出来ます。
むろん、夏季だけでなくどの時期にも効果的です。
日々酢の物ばかりだと飽きてしまうという人も、一週間の半分ほどは献立にプラスするようにしましょう。
がんばれば、疲れを知らない体を作り上げることが可能かもしれません。