クエン酸ナビ

クエン酸を食べる

酢は、体内に入るとクエン酸に変わるという性質があります。
したがって、酢の物を口にするだけでもクエン酸を取り入れるということになるわけです。
夏バテにならないためにクエン酸はひときわ効果があります。
ですから、夏のシーズンには酢の物を多く食べるように意識するのが好ましいでしょう。

クエン酸の関係だけでなく、酢にはいくつかの夏バテ防止効果が期待できます。
まず挙げられるのは、食欲をわかせてくれるところです。
倦怠感を感じ、疲労が軽減しないと、いつのまにか食欲もなくなっていくものです。
酸っぱい食べ物を見たりすると、勝手に唾液が溢れてくるのは一般的に認知されています。
唾液は、食欲増進の役に立つ重要なものですが、酸味のあるものを食べると唾液にとどまらず胃液を分泌させやすくする作用もあります。
体の調子が悪いと消化能力も落ちてしまいますが、酢の摂取を行うことで、おのずと食べたい気持ちがわいてくるのではないでしょうか。
酢の物はさっぱりしているのが特徴で、暑い時期の献立に加えやすいと言えます。

酢を駆使した料理を盛り込むことによってクエン酸もそれだけ多く補うことが出来ます。
クエン酸を摂りたいけれど、どうも酢に苦手意識があるという人は、リンゴ酢などを利用してみるという方法もあります。
酸味が抑えられていて、酢の刺激が目立ちません。
通常の酢と比べても甘さが感じられるので、子供が酢の物が苦手で食べられないときにも、リンゴ酢なら大丈夫でしょう。
それに、ツンとくる刺激臭が好きになれない人は、加熱調理する煮物などの際に、酢を取り入れるといいですね。